下京区コンプトン

下京区コンプトンに住んでいました。

タコライス

沖縄が好き、あるいは住んでいた経験がある人はわかると思いますが、沖縄料理を衝動的に食べたくなることが、まあ時々あるわけです。
沖縄料理は結構味が濃く、がっつりしたものが多いので、たまにジャンクフードを食べたくなる衝動と似ていると思います。
 
最近は沖縄料理の店も増え、そういった衝動に応えられる気の利いたお店もちらほら出てきましたが、どうしても再現しきれていないものが一つあります。
それがタコライスなのです。
 
タコライスなんかそのへんのカフェでも出しているじゃないかと思う方もあると思いますが、それは全く見当違いなアドバイスであります。
実のところ、あれはタコライスではありません。
タコライスに似せた何か」です。
異論は認めません。
 
本物と何が違うかと言うと、まず決定的なのは量です。
 
そもそもタコライスは米国海兵隊基地の街、金武町で開発されたメニューでありまして、屈強な海兵隊や軍属、基地や港湾で働く肉体労働者の腹を満たすことを目的に作られております。
必然、その量は多く、味はわかりやす濃く、腹に溜まるというものに仕上がっていきます。
内地(沖縄県外のこと)のカフェで提供されているそれとはそもそもの運用思想や成り立ちが違うわけであります。
タコライスブルーカラーソウルフードといえるものであり、決してオフィスでパソコンを叩く頭脳労働者やOLの小腹を満たすような生易しい代物ではないのです。
 
一般的に内地で供されているものは、中ぐらいのボウル皿やカレー皿に盛られて出てきますが、
本物のタコライスは長辺が30センチはあろうかというフチの低い平皿または丸皿に盛られています。
 
まずその平皿に敷き詰めるように白米が盛られます。
皿の上に余白は一切ありません。
余すところなくしっかりと飯が敷き詰められます。
その上からタコスミートをかけ、その上にいかにもアメリカ的な黄色い千切りチーズを乗せます。
さらに上から暴力的な量のレタス、一個分はあろうかというざく切りのトマトを乗せ、標高10~15cmほどの山が皿の上に出来上がったら完成です。
この上に辛いサルサソースを好きなだけかけて食します。
食べ始めたら一心不乱に、黙々と腹に収めていくのが正しい食し方です。
 
味の面でもタコライスと内地のそれには圧倒的違いが有ります。
本当のタコライスは、実に基本に忠実なのです。
正統派のタコライスを提供する店は県内にチェーンで数種類あるのですが、どこしっかり濃く、辛く、ジャンクな味がします。
内地のそれは量の問題を外しても、変にアレンジを効かせようとするので、かえってコレジャナイ感が強くなるのです。
ソースを甘くしたり、マヨネーズかけたり、アボカド乗せたりなどはもっての他です。
 
タコライスは王道を外さないからこそタコライスなのであり、
そこに何かを加えたり減らしたりすることはありえません。
オムライスにしてみるなどもっても他なのでございます。
 
内地に帰って7年になりますが、いまだに内地に真のタコライスが進出する気配はありません。
そろそろキングタコスあたりに頑張ってもらいたいところでございます。
 

油掛地蔵

右京区太秦は複雑怪奇としか言いようがない。

戦後の無計画な宅地化が原因と思われるのだが、大通りを一本入ると意味がわからないぐらい道が細く入り組んでいる。

袋小路も多くあり、イメージした場所に出られなかったり、位置を見誤ったりすることがしょっちゅうある。

整然と区割りのされた京都の市街地とは全く別の概念なのだ。

統一性がなく秩序立っていないゴチャゴチャとした建込みかたも、土地があまり平坦でないことも、その怪奇を際立たせる一因となっている。

 

そんな太秦の某所に「油掛地蔵」というのが立っている。

元々は地蔵ではなく阿弥陀如来からしい。

らしい、というのはその姿が確認できないぐらい分厚く油がこびりついているのである。

東山三条の老舗中華飯店「マルシン飯店」の換気扇ですら、このギトギト加減には遠く及ばない。

どす黒く照りのついたその姿は神仏には見えず、どちらかというと怨念めいた姿をしている。

なんでも油を掛けるとご利益があるとかで、かなり古くから油を掛けられ続けた結果、今日の見るも無残不気味な姿になったらしい。

 

現代では無尽蔵に手に入る油も、その昔は貴重だったはずだ。

その油をお供えするというのなら理解もできるものだが、なぜ掛けてしまったのだろうか?

油をもらえて喜ぶ人はいるだろうが、油を掛けられて喜ぶ人はまずいないだろう。

場合によっては刑事案件である。

僕ならとりあえず殴る。

 

どう考えても仏像に対する嫌がらせとしか思えない行為を、貴重な油を使って何百年もやり続けるセンスもわからなければ、それでご利益があると解釈できる思考回路もイマイチ理解しがたい。

 

さらにこの油掛地蔵、夜間は照明が着いていて下から煽り気味の光源が黒い照りを一層強調させ、不気味さ加減が倍増している。

なぜこんなことをするのか意味がわからない。

全く、右京区太秦は複雑怪奇である。

ヘリノックスは布地だけで買える

キャンプ好きにとってヘリノックスはもはや欠かせないアイテムとなりつつある。

ヘリノックスとは、端的に言えばものすごく快適で軽いアウトドア椅子である。

屋外のイベントなどに行けばほぼ確実に見ることができる、やや重心の低いアレのことだ。

 

Helinox(ヘリノックス)公式サイト

 

キャンプ場では盗難が多発し、アマゾンでは出自の怪しい偽物が乱立するほどの人気ぶりである。

もちろん僕もかつて自分のヘリノックスを所有していた。

過去形になっているのは今は無いからである。

 

キャンプ椅子の金字塔ともいえるこのアイテムにも欠点が無いわけではない。

あまりにも軽すぎるのである。

軽い上に表面積が大きいため、風に大変弱い。

 

・ちょっと席を離れたスキに、突風にあおられて崖下へ投身。

 

・トイレに立っている間に、横風に流されて入水→濁流に飲まれて行方不明。

 

など、とにかく油断すると勝手に自殺する過激な椅子なのである。

 

 

僕のものなど特に過激で、コーヒーを淹れている間に例の如く風に煽られて転倒。

運悪く倒れた先が焚き火の上だったため、気づいた時にはティック・クアン・ドック氏みたいになっていた。

ティック・クアン・ドック - Wikipedia

 

レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンのファーストアルバムのあの人みたいになっていたのである。

www.youtube.com

 

悲鳴をあげて懸命な消火活動をするも、

布地の致命的な部分を消失したうちのヘリノックス氏(バートンコラボ限定品)は、

骨組みを残して破棄される結果となった。

 

さて、ここからが表題のお話になっていく。

10月に長期間旅をするのとフェスに行くのが重なり、どうしても椅子が必要になってきた。

そこでヘリノックスの復活を考えたが、都合12,000円もする椅子をもう一度買い直すのも、いささか不経済である。

 

そこで考えるのは骨組みの残っているヘリノックスを布地だけ買い直す方法だ。

しかし、ネットではどこを探しても販売していない。

 

安い偽物を買って布地だけ取り外すことも考えたが、著作権の関係か寸法が微妙に合わなくなっているようだった。

 

この問題を解決したのは、もっとも単純な方法だった。

アウトドア用品店のお兄さんに相談したのである。

 

お兄さんいわく

 

・布地だけなど、パーツでの発注は可能(ただし在庫は薄い)

・日本の代理店はモンベル

・価格は3,700円+税金+送料 

・在庫があれば一週間~10日で入手可能

 

とのことだった。

モンベルに行けばもう少し安いのかもしれないが、その場で発注した。

 

あまりいないかも知れないが、

愛する椅子が焼身して傷心の諸兄は、ぜひ活用してほしい。

 

颱風

沖縄では、台風の夜はみんな飲みに出かけるということを教えてくれたのは、

短い期間現地で付き合っていた年長の彼女だった。

 

確かに、ニュースが「猛烈な」と形容するような台風が来ている夜も、

那覇の繁華街は変わらず賑やかだったように思う。

むしろ、店のひとつひとつの中の熱気はいつも以上の、すこし異様な熱気があったようにも思える。

もちろん、暴風吹き荒れる通りを歩く人など皆無である。

ただ、その通りを飾る店々は、煌々と明かりをつけて商売をしているのだ。

 

沖縄の台風は凄まじい。

はっきりいって、関西で体験するものなどお話にならないレベルだ。

車を横倒しにし、信号を吹き飛ばし、樹を根こそぎ折り曲げ、文明生活に必要なインフラをことごとく奪っていく。

時には、運の悪い人間の命をも奪うのである。

 

そんな直下に飲みに出ると、どこかのタイミングで店に閉じ込められてしまうときがある。

外はとても歩けないし、タクシーを呼んでも店からの数メートルでずぶ濡れになってしまうのだ。

 

こうなったら風雨が落ち着いてくるまで、飲み続ける他ない。

バーには、似たような境遇の人たちがカウンターにへばりついていた。

これ以上、誰も入ってこないし誰も出られない。

 

即席の密室空間には、知っている人も知らない人もいたが、なぜかいつもより話がはずんだ。

妙な安心感と高揚感が漂っていた。

少なくとも僕は、うら寂れたボロアパートでひとり風雨の音を聞いているよりよっぽど安心した。

他にいる人たちも、一様に状況を楽しんでいるように思えた。

時折電気が不安定になったり、遠くで物の壊れる音が聞こえても、それを肴に一層杯が進んでいるようにも感じた。

 

知らないもの同士が結びつくきっかけは、同じ場所や経験を共有することにあると思う。

台風直下のバーには、まさにそれが揃っていた。

いつものバーとは違う濃厚な空気が、僕にはとても心地よく感じられた。

 

もう沖縄を出てずいぶん経つが、もしまた沖縄を訪れて、それが台風直下だったとしたら、あのバーを訪ねたいなと思うのである。

 

元気がなくなったら見る動画

元気がなくなったら見る動画がいくつかある。

載せておくのでみんなで過酷な季節を乗り切って欲しい。

 

インドのスリラー


Indian Thriller

 

ギター・洗濯機・ガスコンロの3ピースバンド


Total Eclipse of the Heart

 

森メタル


Korpiklaani-Wooden Pints [sub español]

 

海メタル

 

 

 

 

東京

諸用で月に2回も東京に行った。

いろいろあった。

 

①旅カフェ

世界一周から帰ってきたやや狂った友人が働いている下北の旅カフェにお呼ばれした。

客がほとんどいなかった。

本当は山ごもり(出稼ぎ)するつもりだったが、カフェを立て直すために残ったらしい。

頑張ってください。

一緒に行った社会人の後輩に「明日バイトしない?」と勧誘していた。

後輩は二つ返事でOKしてた。

 

 

②煙

後輩も含め、会う何かと煙を吸いに行くメンツで会った(合法の煙である)

前回は2回シーシャをカチ込んだので、今回は葉巻を吸った。

一人が歯にはちみつを塗るとまろやかだというので試してみたが、吸口が甘くなって確かに吸いやすかった。

東京は基本娯楽が高いが、やはり質も高いなと思った。

帰り道で通った恵比寿の外れの神社は涼しくて気持ちが良かった。

 

駒場東大

後輩の家に泊まった。

部屋がクソおしゃれだった。

後輩は高身長高学歴で一流企業に勤めててイケメンでおしゃれなので非の打ち所がない。

完璧超人。

後輩の家の近くの東大駒場キャンパスに行った。

購買部の実験器具を見たりして帰った。

後輩は旅カフェでバイトなのだ。

 

④五反田

大学の友人と五反田で飲んだ。

みんなそこそこおっさんになってたが、厳しいご時世なんとなく生き残れててよかった。

東京の満員電車は心を無にして乗るらしい。

非人道的な街だ東京は。

 

⑤バー

いとことバーに行った。

途中で某大物女優が入って来た。しかもいとこと普通に喋ってた。飲み仲間らしい。

びびって「ふぇッ」って言ったら「ふぇッて言われた~」と返された。謝った。

その後普通に3人で飲んでた。

帰りにコンビニで炭酸水とジャガビーおごってもらった。

 

⑥麗郷

彼女と渋谷を歩いていたら小腹が減ったので、何の気なしに入った中華屋が大当たりだった。

かつて食べた中でベスト3に入るレベルのチャーハンと水餃子だった。

こんどあそこで飲み会したい。

 

⑦モヒンガー

完璧超人の後輩と高田馬場ミャンマー料理屋に行った。

後輩はモヒンガー、僕は豚の煮込みを頼んだ。

出てきた豚の煮込みはかなりカレーに近い感じだった。

後輩のモヒンガーは現地より汁が多い気がした。

モヒンガーという料理の実態はぜひ自分で調べてみてほしい。

 

⑧サウナ

ミャンマー料理後サウナに行った。

笹塚といううさんくさい街のうさんくさい雑居ビルの最上階にあった。

客もこれまたうさんくさく、エグザイルくずれとか不動産屋のツーブロックゴリラみたいなのが多かった。

狭かったが設備が充実してるしセルフでロウリュウもできるかなり意識高い系サウナだった。

最高だったのが「外気浴」という名目でベランダに出て外を眺められることだ。

東京が一望できて気持ちよかった。

あれは良い文化だ。