下京区コンプトン

下京区コンプトンに住んでます。

チェスターが死んだ

朝起きたらチェスターが死んでいた時点から、今日の不幸は始まってた。

言わずと知れたリンキン・パークのボーカルである。

彼の自死が今日の始まりだった。

 

所用を済ませて家を出ると雨が降った。

仕事で使う資材が売り切れていた。

勉強がはかどらない。

仕事でトラブった。

 

どれもこれもチェスターが死んだことが引き金に思われてきた。

それだけチェスターの死は大きな不幸だった。

 

でも良い出会いもあったし、同僚と楽しい話も弾んだ。

最終的に決して不幸ではない今日だったが、それでも今日を振り返ると、彼の死が暗く頭を擡げるのである。

 

やっぱり死んでしまうのは悲しいことだし、自分で死んでしまったのなら尚更だ。

 

なるべく、生きていたいと思う。

祇園祭

気づけば祇園祭のメインイベントもあらかた終わった。

思えば今年は祇園祭とほとんど関わらなかった。

下京区コンプトンから近いところにも縁日が出ていたようだが、連日出勤で行く暇がなかったのだ。

宵山は行けそうだったが、後輩が病に倒れ急遽夜勤を交代したため、忙殺されてる間に山鉾巡行まで終わっていた。

毎年、万事この調子である。

 

かつて一度だけ、山鉾巡行にボランティアで参加したことがある。

ボランティアは各山鉾にランダムに割り振られるが、僕が担当したのは黒主山という山だった。

山の上に翁の人形と桜の乗った山で、四方にかかった中国か琉球伝来の織物が大変見事だった。

 

ボランティアは当日朝早くに集められ、衣装への着替えを促された。

ボランティアは事前に白の下着を着用するように指示が出ている。

白のパンツなど小学校以来履いていないため、わざわざ買った。

その後、当日の段取りを軽く打ち合わせたあと清めのお酒をもらって出発した。

酒のおかわりはもらえなかった。

 

一般に山曳きの一番の難所は河原町御池と四条河原町で行われる「辻回し」だと思われている。

しかし、実際のところ最も神経を使ったのは大通りまで山を出す作業だった。

黒主山は高い位置に松が据えられており、比較的背の高い山である。

それゆえ、狭い路地の二階三階に渡された電線に引っかかってしまうのだ。

電線をくぐるたびに停止、徐行を余儀なくされ、体力も消耗するしとてもストレスフルであった。

 

何度か電線をくぐると、明らかに最大の難所であろう電線が見えてきた。

どう考えても低すぎるのである。

しかし、再三の停止が祟り時間も押してきている。

突破するしかない。

 

結果、電線をなるべく引き上げた上で松を張力の限界まで曲げることになった。

曳き手たちは力を合わせ、山は微速前進を始めた。

 

中程まで進んだ時、上に登っていた男が叫んだ。

「ストップ、ストーップ!あっ」

 

パキンという小気味のよい音とともに、松は派手に折れた。

曳き手たちの上に松の葉がバラバラと崩れ落ち、切ない気持ちを引き立てた。

 

その後は非常にスムーズに進んだ。

松は両断に近い折れ方をしていたので、高さが急激に低くなったのだ。

 

楽にはなったが、鉾町全体の士気が明らかに下がっていた。

みんな口には出さないが、言い知れぬ不吉を感じていたに違いない。

 

その後、路地を抜けきった後に松を針金で補修し、なんとか見た目だけは見繕うことができたため、巡行は滞りなく行われた。

 

 

きっとこれまでも、これからも、滞りなく行われる巡行の裏には無数のドラマが生まれるのだろう。

そうして、京都の夏は深まっていくのだ。

 

銭湯

以前にも書いた気がするが、銭湯によく行く。

コンプトンの風呂が極小ユニットなため、足を伸ばして風呂に浸かりたいのだ。

単純に風呂が好きなのもあるが、体調管理という側面も大きい。

仕事の関係上、非常に不規則な勤務形態のため、身体に負担がかかりやすいのである。

なんとなくやる気が出ず、身の回りのこともだらしなくなっている時はたいてい身体の疲れが原因である。

そういう時とりあえず銭湯でゆっくり風呂に浸かると、テキメンとは行かないが随分楽になるし、寝つきも良い。

 

最近は色々な情報が錯綜し、あれが身体に良い、これをすると病気になるなど、何を信じていいのかわからなくなる。

だが少なくとも風呂に入るとダメというのは聞いたことがないので、風呂は絶対正義に違いない。

対して金がかかるわけでもないので、極力風呂に入る事が一番簡単なセルフケアだと思う。

 

ところで、京都の銭湯には富士山の絵がない。

居住環境の関係か、小さく天井が低い銭湯が多いので、タイル貼りの鮮やかさで色目を出しているようだ。

いわゆる銭湯、というイメージの富士山は関東の文化のようである。

 

随分本物を見る機会がなかったが、先日五反田で銭湯に行った時はたいそう立派な富士山を見る事が出来た。

その銭湯は三階建ぐらいの天井高があり、窓から差し込む遮光がとても綺麗に富士山を照らしていて、とても気分が良かった。

一見の価値があるので、まだ見たことのない人は上京時に古い銭湯に行くことを強くオススメする。

 

計画

基本的に怠惰である。

決めたことはやらないし、習慣づけようと思ってもほとんど続かない。

思えば小4あたりから宿題をやった記憶がなく、マトモに勉強するのはテスト前だけ。

大学を出るまで万事その調子で、適当に体裁を見繕ってやってきた。

そして今そのツケを払っている次第である。

 

無計画と適当の極みだっため、長期的スケジュールというのを組みはじめたのもごく最近である。

これが大変に難しい。

 

夏休みの計画表というのは、今考えると一番大事な宿題だったと思う。

自分の力を見極めた計画を立て、毎日地道に実行し、折を見て調整しながら目標に到達する。

あんなこと子供に出来るわけないと思っているが、意外とみんな努力はしていたのかも知れない。

 

そんなわけで本日長期スケジュールを見直したところ、資格試験まで二ヶ月を切っていることに気づいた。

おまけにこの期間、個人的な企画ごとや会社のイベントの準備など、かなりのタスクを同時並行でこなす必要があることも発覚した。

現時点でかなり厳しい。

 

しかし、気づいただけ良いだろう。

昔ならそのまま進んで確実に全て爆死しているし、その後爆死するのが怖いから挑戦しないという悪循環だった。

曲がりなりにも爆死しない算段があったから、色々仕掛けて挑戦している訳だし、やればなんとかなるだろう。

もちろん、やればだけど。

 

進みは遅いかもしれないが、仕方ない。

進まないよりよっぽどマシである。

 

まあなんと言うか、頑張ってやっていきましょう。

 

道中より

スーツを着るのは苦手だ。

冠婚葬祭以外で着ることがないため、大変に準備に時間がかかる。

 

スーツを着るときはまずアイテム探しから始まる。

最後に着たのが半年前なんてこともザラなので、スーツ、シャツ、ベルト、靴、ネクタイ、腕時計、あらゆるものの所在がわからなくなっている。

今回もベルトの所在がわからず、普段使っているものを使わざるを得なかった。

万事この調子なので、洒脱なスーツスタイルなんて格好がつくはずもなく、なんとか体裁を保つのがやっとである。

 

おまけにスーツは成人式から同じ一張羅、靴は普段は履きにも使っているサービスシューズだ。

大手広告代理店やマトモな会社勤めの人間が多いであろう今回の祝宴に、このナリで顔を出すのは少々気がひける部分がある。

やはりそろそろスーツぐらい買い換えるべきであろうか。

せっかくならテーラーで自分に合ったものを全身揃えで仕立ててもらおうと思っていたが、結局やらないままに数年が経とうとしている。

 

まあよく考えると、今回僕の格好を視界に入れるような人間はごく限られている。

友人は僕がそういう人間だということは知っているはずだし、特に気にすることもないだろう。

きっと奥さんも寛容な人だろう。

そう願いたい。

 

今、友人の結婚式の二次会に向かっている。

前々から結婚したいと宣っていたので、本当に良かったと思う。

 

蒸し暑いけど天気は良いし、きっと素敵な祝宴になるだろう。

普段はリア充爆発しろとばかり思っているけど、たまには幸せな2人を見るのも良いではないか。

ましてそれが友人ならなおのことである。

 

祝宴の道中、車窓から見える西日に輝く煙突の群れを見ながら、そんなことを考えている。

 

友よ、おめでとう。

 

シーシャ

今日はシーシャ好きの友人とシーシャカフェに行っていた。

街中にあるのかと思いきや、上京区の閑静な住宅街の中にあって驚いた。

 

夏らしいフレーバーを吸いながら、友人と他愛のない話をしていた。

外は薄曇りで軽く雨も降っていて、シーシャ特有の気だるい雰囲気にぴったりのだった。

 

シーシャはまだまだマイナーな娯楽だが、だらだら喋るのにはぴったりなので好きだ。

ネガティヴでインモラルな印象を持たれやすいが、ベクトルが違うだけでとてもポジティブだと思う。

 

友人とも話していたが、日本人のポジティブ感では晴天の下で元気に身体を動かすようなイメージばかりが是とされ、シーシャのようなことはネガティヴとして受け入れられる傾向があると思う。

でも、雨天の中ぼんやりシーシャー吸ったり、晴天の日陰でじっくり苔を観察することも、同様にポジティブだと僕は思う。

そういうのも受け入れられる雰囲気できたらいいよね的な話をした。

 

調子に乗って2本目を頼んだら、見事に体調を崩した。

何事も過ぎたるは毒だ。

初めはクラクラが強くなり、冷や汗が出て腹が下り、腰が痛くなるという症状が合わせ技で出てきて不可解だった。

 

家に帰って寝たらすぐに治ったが、多分あれは全身の血流が悪くなっていたんだと思う。

貧血の症状に似ていた。

 

本当に結構つらかったので、次回から2本目は頼まない、酒飲んだら吸わない、空腹で吸わないなどのルール設定をすることにした。

 

でもまた行きたい。

香港

職場に来た香港からのゲスト、アンジェラと仲良くなったので午後から半日観光案内をして来た。

久々の長時間の英会話はとてもハードで、脳汁がダラダラ出るかんじがした。

 

外国のゲストとの話題で多いのは、文化やルールの違いの話だが、今日は物価の話をすることが多かった。

香港は近年、経済発展に伴い物価の上昇がひどくなり市民生活の負担になっているらしい。

特に土地代に関してはさすが狭い香港。

二畳ほどの風呂もトイレもない部屋の家賃が10万円以上するらしい。

若者の一人暮らしなどまず出来ないそうだ。

 

車いじりが趣味のアンジェラは、自分の車を持っているが、駐車場だけで月5万円支払っているらしい。

下京区コンプトンは水道代込みで4万ちょいなので、僕は香港の駐車場代に届かない場所に住んでいるということだ。

香港物価の異常さもあるが、何となく悲しい気持ちになった。

 

そんな他愛のない話をずっとしていたが、今まで縁のなかった香港という土地が急に身近で魅力的に思えるようになって来た。

なんだかんだ言って彼女は香港が好きなのだろう。

土地の魅力は、そういう言葉の断片から滲み出るものなのかも知れない。

 

もはやジャッキーチェンの暴れまわる香港はそこにはないらしい。

僕の香港感を更新するため、近いうちに香港のを訪れたいと思う。