下京区コンプトン

下京区コンプトンに住んでます。

チェスターが死んだ

朝起きたらチェスターが死んでいた時点から、今日の不幸は始まってた。

言わずと知れたリンキン・パークのボーカルである。

彼の自死が今日の始まりだった。

 

所用を済ませて家を出ると雨が降った。

仕事で使う資材が売り切れていた。

勉強がはかどらない。

仕事でトラブった。

 

どれもこれもチェスターが死んだことが引き金に思われてきた。

それだけチェスターの死は大きな不幸だった。

 

でも良い出会いもあったし、同僚と楽しい話も弾んだ。

最終的に決して不幸ではない今日だったが、それでも今日を振り返ると、彼の死が暗く頭を擡げるのである。

 

やっぱり死んでしまうのは悲しいことだし、自分で死んでしまったのなら尚更だ。

 

なるべく、生きていたいと思う。