下京区コンプトン

下京区コンプトンに住んでます。

chara

週末は森道市場という音楽フェスに出掛けていた。

海沿いでやるのに森道市場という謎のタイトルだった。

 

邦楽アーティストが主で正直全然聞かないジャンルの人たちがほとんどだったが、全部ものすごい良くて知見が広がった。

 

メインアクトの一人、charaは前から知っていた。

と言ってもYUKIの亜種ぐらいの認識だったし、メンヘラが聞くイメージがあった。

曲調と声でなんとなくわかる程度のものだった。

 

反面気にもなっていたので、友達が行くのに着いて行って見てみることにした。

 

折しも夕暮れ時、彼女はステージに現れた。

まず衝撃的なのは髪型だった。

髪の色は蛍光色のオレンジだった。

これは形容ではなく、ブラックライトに反応して発光していたので純粋にに蛍光オレンジなのだ。

髪型はジョジョ6部の空条徐倫ラピュタのドーラ婆さんを足して二で割った感じ。

友達が思わず「俺この人抱けないわ」と失礼な言を漏らしていたが、それも致し方なかった。

 

初の生charaの声は想像以上にかすれ声で、どうやってあのキーをひねり出しているのか本当にわからなかった。

ただ、その実力は確かに本物だった。

一曲聴くごとに妖艶な歌声と世界観に没入するのを感じた。

 

ただ、時々「イャァー!」とも「ヒャァー!」ともつかない猛禽類っぽい雄叫びが入るのがちょっと怖かった。

 

 

曇り空に夕日の赤紫が混じり出した時、僕が知っている曲が始まった。

あとで友達に聞くと「Swallowtail butterfly 」という曲らしい。

 

歌が始まった瞬間、僕は曲の世界に囚われた。

初夏の夕暮れをひたすら歩いているような心地よさがあった。

音楽の力を久々に心から感じた瞬間だった。

 

僕はcharaの歌声の中に夏を一度体験したような気がする。

なので、まだ5月でこれから夏が始まることが楽しみで仕方がないのだ。

 

 

ちなみにcharaは50歳になったとのことだった。

なるほど魔女感があった訳だ。

僕は次世代の美輪明宏ポジションはcharaが食い込んでくると確信している。